透明ガラス飛散防止フィルム 地震対策 住宅建築窓フィルム

長さ

大地震、強台風や竜巻で破壊されると
一瞬で凶器になったり、
屋根が吹き飛ばされる時があります。
ガラスにフィルムを貼るだけで 安全安心のガラスに変わります。

防災には、窓ガラスにフィルム最も安価で迅速に対応できる手段です。

  • 【飛散防止】ガラスの強度を高め、怪我を減らします。建物のガラスが人を傷つけたり、自然災害(台風、地震など)から偶発的な怪我することが避けられます。
  • 【UVカット】お手軽窓に貼るだけで、有害な紫外線から家族の健康、そして家具やインテリア、カーペットなどの劣化・色褪せを守ることができます。
  • .【适用范围】:家、ホテル、学校、病院、水族館、動物園、博物館、銀行、ビジネスビル、戸建て、マンション、アパート、高層ビル、工場、別荘、観光スポット、養老院、政府機関の窓ガラスに活躍します。

無色透明だから貼っても違和感ありません、

内貼り外貼り兼用透明防災シート、

ハイレベルUVカットを実現。

防災用フィルム(地震・台風対策・けが防止)、学校 公共施設 住宅の安全を保つ、公共建物やバス等にも採用されています。特に、堅牢なハードコートが人気のポイントです。

  • フィルム厚:4ミル / 0.1mm
  • 材質:PETフィルム
  • 可視光透過率:88%
  • 紫外線遮蔽率: 60%

施エ方法

1.ガラスの清掃

水500ccあたり5滴前後(季節や施エ環境に応じて調整)の中性洗剤を入れた水溶液を窓ガラスにスフレ一し清掃します。固く付着している汚れは、ガラススクレイバ一を使って落としてください。

2.ガラス面へのスプレ一

清掃後、水溶液をガラス面にたっぷりとスフレ一してください。低温時には必ずガラスを暖めてください。

3.ガラスフィルムの裁断

ガラスフィルムをあらかじめ窓寸法に合わせて若干大きめに裁断し、折れキズがつかないよう注意して裏面のセバレ一タ一を剥がしながら、糊面に水溶液をたっぷりとスフレ一してください。

4.ガラスフィルムの貼り付け-1

窓枠より2mmくらい内側にガラスフィルムを貼り付けます。フィルムの表面にも水溶液をスブレ一し、スクレイバ一でキズが付かないょう中心ょり外側へ強く細かくしごきながら水を押し出してください。

5.ガラスフィルムの貼り付け-2

貼り付け後、窓枠より大きい部分は、2mmくらい内側のところて切断し、ジョイントする場合はあらかじめ化粧断ちし、隙間を1mmほど空けて突き付けで施エしてください。

6.仕上げ

仕上げに再度フィルムの表面に水溶液をスプレイして、スクレイバ一で水を押し出してください。最後にべ一バ一タオルをまいたプラスチックへラでエッジ部分を水抜きしてください。

【配送タイミング】

送料無料・返品無料 ご注文受付時 間が72時間未満で、3-5営業日で届けできます!

下記に該当する場合は発送日が異なります。あらかじめご了承ください。

※ご注文から発送までに祝日をはさむ場合や配送状況により、商品発送に日数を頂く場合もございます。

※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

※ご注文の中に入荷待ち商品がある場合は、すべてのご注文商品が揃ってからの一括発送となります。

※入荷待ちの商品は、納期が延びる場合がございます。


関連商品