ドリルビット研磨機 使用範囲2.0~12.5mm

カラー
セット
皆様がお使いのドリルビット、
  • 使い古して、切れ味が悪くなった…
  • 切れ味が悪くなったら捨てるから、コストがかかる…

そんなお悩みはありませんか?

そんな時は、この「ドリルビット研磨機」を使用しましょう!

このドリルビットシャープナーは、ドリルビットの切れ味を新品同様に戻すことができる優れものです。

▼ 詳細情報

  • 機能:電気ドリルがあれば、簡単にドリル刃を再研磨
  • ドリル先端角:118°
  • 研磨ドリル寸法:2.0~12.5mm(ミリ)、5/64”~1/2”(インチ)
  • 電気ドリル回転数:2000~3500min⁻¹正回転(右回転)のみで使用可 
  • 付属品:砥石(WA材)、粒度/#100

▼特徴

【差し込むだけの簡単操作!】

削りたいドリルビットを穴に差し込んで、砥石を回すだけで簡単にドリルビットを削ることが出来ます。

簡単な操作方法を取り入れているので、忙しい作業の合間でも、短時間で切れ味を復活させて作業効率を上げることにも繋がります。

【簡単にドリル刃を再研磨!】

お手持ちの電気ドリルで、切れ味の悪くなった鉄工用ドリル刃のカッティングエッジの再研磨が簡単にできて、便利な鉄工用ドリル刃シャープナーです。

ドリル刃のカッティングエッジと逃げ面の両方が研磨できるすぐれものです。

今までは、切れ味が落ちる度に使い捨てていたドリルビット…。これからは使い続けてもっと経済的に!


【様々なドリルビットに対応!】

刃先研磨角度が118度で簡単操作で研磨で、一つのチャックでストレート軸・六角軸の両方に対応できる。

チャックにドリルをセットしてスライドさせるだけで早く、簡単にドリルを研磨できる!新品同様の精度で研磨され、高い作業性と研磨精度を実現!

▼ 使用方法:

① 取りつける電気ドリルの回転が正回転(右回転)になって いるかを確認してください。
② 電気ドリルのチャックに商品本体の電気ドリル接続回転軸をしっかり締めつけて固定します。
③ 研磨するドリル刃のサイズに合わせ、図3のドリル刃研磨ガイド溝にドリル刃のカッティングエッジ(図1)と研磨砥石が平行になるようにセットし(図2)、ドリル刃安全ガ-ドの下の幅の広い部分でドリル刃を親指で固定します。(図4)
④ 電気ドリルを始動させ、ドリル刃をひねらずに研磨砥石に約2秒程まっすぐ押し当ててください。
⑤ 研磨後ドリル刃を、約5秒間水につけて冷ましてください。これで反面が研磨されます。
⑥ ドリルビットを半回転させて、上記方法と同様にカッティングエッジを左右対称になるように、研磨してください。カッティングエッジの長さが同じでない場合は、再度作業を繰り返し研磨してください。
⑦ ドリル刃をより強く研磨砥石に押し当てると、逃げ面(図1)に研磨砥石が当たり、逃げ面が研磨できます。
⑧ 研磨完了後、ドリルの水分を拭き取り、防錆油などで手入れをしてください。

▼ 砥石の交換手順

(1) 本体上部の砥石カバーを右いずれかの方向にスライドさせ取り外してください。

(2) スパナなどを用いて六角軸を固定し、砥石を固定しているナットを図の矢印の方向に回してはずしてください。

(3) 六角軸部を手でつまみ、軸を引き出してください。

▼ 商品仕様

  • 適用機種:電気ドリル(回転速度:2000 ~3500 RPMが必要 )正回転使用(右回転)
  • 使用範囲:2.0~12.5mm(5/64"~1/2")
  • 対応ドリルサイズ:2mm-5mm(5/64" - 13/64") 、5mm-8mm(7/32" - 21/64") 、8mm-12.5mm(11/32" -1/2")
  • 粒度:#100
  • 材質:コランダム+ ABS +スチール
  • タイプ:内面研削盤
  • サイズ:17 * 85 * 3cm
【配送タイミング】
ご注文商品全て弊社倉庫に在庫がある場合は、注文登録完了後、ご注文5-7営業日に商品を発送いたします。
下記に該当する場合は発送日が異なります。あらかじめご了承ください。
※ご注文から発送までに祝日をはさむ場合や配送状況により、商品発送に日数を頂く場合もございます。
※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
※ご注文の中に入荷待ち商品がある場合は、すべてのご注文商品が揃ってからの一括発送となります。
※入荷待ちの商品は、納期が延びる場合がございます。